あそこの湿疹・かぶれの正しい対処法

あそこの湿疹・かぶれは、おしっこをするだけでも痛みがあって、非常にストレスに感じますよね。

女性のあそこは、とてもデリケートです。あそこが蒸れてしまうことで、雑菌や細菌が発生し、湿疹やかぶれの症状に繋がってしまいます。

あそこの湿疹・かぶれは、正しく対処することで、症状を改善させることができます。

あそこの湿疹・かぶれの説明

あそこの湿疹・かぶれの正しい対処法

女性のあそこは、締め付けの強い下着やナプキンなどで蒸れやすくなっています。そのため、とても雑菌や細菌が発生しやすい環境になっています。

通気性のよい下着に変えたり、ナプキンをこまめに交換したりするのも大切ですが、入浴時に外陰部をしっかり洗い雑菌をしっかり洗い流すことが大切です。

あそこの湿疹やかぶれを防ぐ正しい洗い方

あそこの湿疹やかぶれを防ぐ正しい洗い方

「毎日、あそこを綺麗に洗っているのにの湿疹やかぶれで痒い」そんな方は、あそこの洗い方に問題があるかもしれません。

湿疹やかぶれの正しい対処法は、善玉菌(デーデルライン桿菌)を残しながら、雑菌やオリモノをしっかり洗い流すことです。

あそこを正しく洗い清潔に保つことで、外陰部が正常な状態になり、湿疹やかぶれを防ぐことができます。

あそこの湿疹・かぶれの説明

あそこ湿疹やかぶれの原因になる陰部の洗い方

あそこ湿疹やかぶれの原因になる陰部の洗い方

ボディーソープで洗っている

ボディーソープは、アルカリ性なので陰部には刺激が強く、雑菌やオリモノと一緒に善玉菌まで洗い流してしまいます。

膣環境を守る善玉菌が減少し、湿疹やかぶれになりやすくなったり、カンジタ菌が繁殖しやすくなったりします。

湿疹やかぶれになりやすい人は、カンジダ膣炎にもなりやすいといえます。膣カンジダ症は、免疫力の低下でもなりやすいと言われていますが、刺激の強い石鹸やボディーソープで洗ってしまい善玉菌が少ないのが原因かもしれません。

ゴシゴシと強くあそこを洗っている

デリケートゾーンの皮膚は、とても薄くゴシゴシと強く洗うと粘膜が傷ついて炎症を起こしてしまいます。あそこは、洗顔と同じように泡立てネットで、きめ細かい泡を立てて優しく洗いましょう。

あそこ湿疹やかぶれを改善するデリケートゾーン石鹸

刺激の強い石鹸やボディソープは、あそこが炎症を起こし湿疹やかぶれの原因になります。外陰部は、肌に優しい天然成分の石鹸を使用しましょう。

また、善玉菌まで洗い流してしまうと、肌本来の自浄作用が失われてしまいます。善玉菌を守りながら洗うことのできるデリケートゾーン石鹸を使用しましょう。

  • 刺激の強い石鹸やボディソープは使用しない。
  • 善玉菌を守りながら洗うことのできるデリケートゾーン石鹸を使用する。
LCジャウムソープ

あそこが湿疹やかぶれになりやすい人の特徴

生理中ナプキンをこまめに取り替えない

生理中は、ナプキンによりあそこがムレて、雑菌が増加しやすくなります。雑菌の増加により、湿疹やかぶれになってしまうので、生理中はなるべくナプキンをこまめに取り替えましょう。

ビデを頻繁に利用する

ビデをおこなった後は、しっかりと乾かしてから下着を履きましょう。濡れた状態で下着を履くと、ムレてあそこの湿疹やかぶれに繋がってしまいます。

身体が疲れやすい、最近ストレスを感じている

疲れやストレスなどを感じやすい人は、免疫力が低下し、膣内部を正常に保ってくれている自浄作用が弱まります。雑菌の繁殖を防ぐ作用が弱まると、肌がかぶれやすくなり、かゆみを引き起こします。

あそこの湿疹やかぶれは、痒みや痛みだけでなく、カンジダ膣炎や細菌性膣炎などの性病になる一歩手前の状態です。薬で一時的に症状を抑えるのも良いですが、根本的な原因を解決していくことがもっとも効果的です。

あそこをかきすぎると黒ずみになる

あそこをかきすぎると、肌を守ろうと”メラノサイト”という黒い色素細胞が分泌されます。

このメラノサイトは、肌が刺激を受けると分泌されるので、かくだけでなく、下着による摩擦や乾燥、ムレなどでも黒ずみへと繋がります。

あそこがムレると痒くなるので、通気性の良い下着(シルク、綿)、服装を心がけましょう。乾燥もまた、かゆみを悪化させるので、保湿成分の含まれている肌に優しいデリケートゾーン石鹸で陰部を洗いましょう。

あそこの黒ずみはデリケートゾーン石鹸で治る

あそこが黒いとパートナーに遊んでいると思われてしまうかもしれません。

デリケートゾーン専用の石鹸(LCジャムウ・ハーバルソープ)には、あそこの角質による黒ずみを改善する美肌作用もあります。

デリケートゾーン石鹸を使い続けることで、あそこのニオイが改善されるだけでなく、黒ずみまでキレイにケアすることができます。

軟膏剤(かゆみ止め)は根本的な痒みの解決にならない

あそこの湿疹やかぶれ画像

ステロイド剤が含まれていない軟膏剤(かゆみ止め)で、あそこの湿疹・かぶれの症状を抑えることができます。肌に合わない場合もあるので、塗った直後にオリモノが増加したり、痒みが悪化した場合はすぐに使用を中止しましょう。

しかし、軟膏薬は一時的な対処法としてはいいのですが、あくまで症状を抑える薬なので、皮膚トラブルの原因を治すことはできません。また長期的に使用すると、慢性化してしまうので、一時的な応急処置として使用しましょう。

かゆみ・湿疹を治すなら、正しい方法で陰部を洗うのが適切です。

あそこ痒みバナー