体の抵抗力が落ちたときに痒くなるあそこの痒み。

体が疲れているときや、風邪をひいて抗生物質を服用した際、また生理前など、体の抵抗力が落ちたときに、膣の痒みや違和感を感じることはないでしょうか。

私も抗生物質を飲むと、膣にムズムズとした痒みを感じ、オリモノの量が増えたことがあります。

そのときは、産婦人科へ受診したところ、カンジダ膣炎と診断されました。

カンジダ膣炎

kan

カンジダとは、膣の常在菌で、カビの一種だそうです。普段生活している分には、膣は酸性に保たれているので、カンジダ菌が暴れることはありません。

しかしホルモンバランスを崩したり、抗生物質で悪い菌を殺すと同時に、膣に含まれる善玉菌も殺してしまい、膣の中のバランスが崩れたときに、カンジダ菌が異常に増殖し、それが痒みをもたらす原因になるのです。カンジダの治療には、抗真菌薬配合の膣錠を服用と、外陰部にぬる軟膏やクリームが処方されます。

薬を処方されてから、約1週間程で快方に向かうと思います。最近では薬局でも、ガンジダ治療薬が求められるようになっているようです。膣のかゆみはこの他にも、あらゆる性病が原因となっている場合もあるので、

原因がわからない場合には、医療機関へ受診をし、原因菌や病原菌を特定し、適切な治療を受けるようにしましょう。

カンジダ膣炎に関してはこちらのページを参考にしてください。

また、膣は洗いすぎないように注意しましょう。清潔にすることは大切なことですが、膣自体が、自浄作用持っているので、むやみに石鹸などを使わなくても、清潔に健康に保つことができるのです。ですから水洗いで十分です。

カンジダ膣炎は、体の抵抗力が落ちることが一番の原因となります。日頃から規則正しい生活と、ストレスを適度に発散するようにし、体の抵抗力が落ちないように心がけて生活しましょう。

あそこ痒い

コメントは受け付けていません。

あそこ痒みバナー