あそこの痒みをデリケートゾーン専用石鹸で解消

あなたは、デリケートゾーンの正しい洗い方を知っていますか。

あそこの痒みの原因は様々ですが、そのほとんどは正しい洗い方ができていないのが原因です。

デリケートゾーンを正しく洗って清潔に保つことで、皮膚トラブル(痒み)をぐっと軽減することができます。

これを機にきちんと身につけて、あそこの痒みを解消していきましょう。

デリケートゾーンを正しく洗い清潔に保つことで、あそこの痒みを防止・改善することができます。

あそこ痒い石鹸の説明

性病が原因であそこが痒い場合

性感染症(性病)による痒みは、デリケートゾーンのケアのみでは治りません。黄色や緑、泡状などのおりものの異常がみられり、かゆみが長期間持続している場合は、性病の可能性が考えられます。早急に産婦人科で治療を受けましょう。

ムレやカブレが原因で、あそこがかゆい

あそこ痒い石鹸の画像

あそこの痒みのほとんどが、ムレやかぶれによるものです。

あそこがムレることで、雑菌が繁殖しやすくなり、痒みを引き起こします。パンツや生理ナプキンなどの摩擦は、カブレの原因になります。カブレて炎症を起こしている状態で、間違ったお手入れをすると、かゆみの症状が悪化してしまいます。とくに洗い方には注意が必要です。

あそこを洗うときは、必ずデリケートゾーン専用の石鹸を使用して、肌に刺激を与えないように優しく洗いましょう。

ボディーソープで、あそこを洗ってしまってはいませんか?

善玉菌まで洗い流してしまっている。

ボディーソープや身体用の石鹸は、雑菌だけでなく、善玉菌まで一緒に洗い流してしまいます。そのため市販の石鹸やボディソープを使用することにより、あそこのかゆみが強くなってしまいます。

アルカリ成分でかぶれている。

カブレてしまっている陰部を、アルカリ性のボディーソープで洗うことで肌が酸化し赤くなり、炎症が悪化してしまいます。デリケートゾーンは、刺激の少ない弱酸性の石鹸で洗いましょう。

水のみでは雑菌やおりものが残る

水のみで洗った場合は、痒みの原因である雑菌やオリモノのタンパクを洗い流すことができません。必ずデリケートゾーン専用の石鹸を使用しましょう。

デリケートゾーン専用石鹸の正しい選び方

あそこ痒い石鹸の画像
デリケートゾーン専用の石鹸の正しい選び方は、次の2つです。

天然成分、無着色、無香料

天然成分で作られている石鹸を選びましょう。無着色・無香料のほうが、より肌に優しいです。

弱酸性

市販のボディーソープや石鹸は、アルカリ性のものが多く肌がカブレてしまいます。その方で弱酸性の石鹸は、肌に優しく雑菌をしっかりと洗い流してくれます。肌がカブレることであそこのかゆみが悪化してしまうので、肌に優しい弱酸性の石鹸を選びましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸は、2つの条件を満たしているものを選びましょう。石鹸を正しく選ぶことで、あそこの痒みを防止・改善できます。

あそこ痒い石鹸の説明

LCジャウムソープ

フェミニーナ軟膏はあそこのかゆみに効果的?

第二類医薬部外品のフェミニーナ軟膏は、あそこのかゆみを抑えるのに効果的です。かゆみが、慢性化するステロイド剤も含まれていないので、陰部に使用しても問題ないでしょう。

ただし、あくまで痒みを抑えるだけなので、原因の改善にはなりません。軟膏薬では、雑菌を洗い流すことができないので、雑菌を洗い流せるデリケートゾーン石鹸の使用が良いと言えるでしょう。

軟膏薬は一時的なかゆみ防止策にしかすぎないので、日ごろの正しいお手入れが大切です。

あそこのかゆみには日ごろのケアが重要

デリケートゾーンのかゆみは、デリケートゾーンを清潔に保つことで防ぐことができます。

デリケートゾーン専用石鹸を使用して外陰部に繁殖している雑菌を洗い流すことで、おりものの量が減少し、皮膚トラブルが起こりづらくなります。

あそこの痒みは、放っておくことで自然治癒するケースもありますが、悪化してしまうと黒ずみやタダレなどを引き起こしてしまうケースもありますので、日頃から清潔に保つという意識を持つことが大切です。

なお、陰部を清潔に保つことで、痒みだけなくあそこの臭いも防ぐことができます。

あそこ痒みバナー